2020年10月のオススメ本

2020年10月20日(火)|by ホームページ管理
       
タイトル 作者名 出版社
ドラゴン桜ドラゴン桜2
 受験のテクニックだけでなく、コーチングについても勉強になる
三田紀房 講談社
宇宙に行くことは地球を知ること
 芸術家から見た宇宙観。
野口聡一、矢野顕子 光文社新書
鹿の王 水底の橋
 名作ファンタジーの続編。コロナ禍の今こそ、おすすめ。
上橋菜穂子  KADOKAWA
世界最高の教室
 ビル・ゲイツが称賛する全米トップの教育。
ダイアン・ダヴァナー 飛鳥新社
ごろごろ、神戸。
 男性である筆者がベビーカーで神戸の街をごろごろ歩く。神戸市公式ホームページ掲載のエッセイ。
平民金子  ぴあ
学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革;ゲンバカラウタガウキョウイクカイカク
 ベストセラー『学校の「当たり前」をやめた。』徹底検証。教育行政主導の学校改革に異を唱える。
諏訪哲二 現代書館
密やかな結晶
 消化しきれない読後感、感想を聞きたい。
小川洋子 講談社文庫
銀河鉄道の父
猫を棄てる 父親について語るとき
父親について。前の世代(戦争)をどう背負っていくのか。
門井慶喜
村上春樹
講談社
文藝春秋
フィンランドの教育はなぜ世界一なのか 若竹美加子 新潮新書
感染症社会 アフターコロナの生政治 美馬達哉 人文書院

コメントをどうぞ




このページのトップへ