2019年12月のオススメ本

2020年01月06日(月)|by ホームページ管理
       
タイトル 作者名 出版社
みんなちがって、みんなダメ
「あなたが不幸なのはバカだから」「ベストセラー『君たちはどう生きるか』を読むとバカになる! 」イスラーム法学者の第一人者にして博覧強記の怪人・中田考がはじめて語り下ろした極辛劇薬人生論。そこに〝愛〟はあるのか!?
中田考 ベストセラーズ
SDGs 入門
SDGs の入門書。2015 年の国連サミットで採択されたこの目標は、大きな市場と雇用を生み出す可能性があると指摘されている。17の国際目標から、その導入までを分かりやすく解説。
村上芽、渡辺珠子 日経文庫
反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
ブッダは実は、「超クール」―“独立派"出家僧が教えるあなたの悩みを解決する「原始仏教」入門!
草薙龍瞬 KADOKAWA/中経出版
カモメになったペンギン
リーダーシップの権威である J.コッターが、自身の提唱する「組織変革を成功させる 8 段階のプロセス」を幅広い層に、わかりやすく示したビジネス寓話。
ジョン・P・コッター、ホルガー・ラスゲバー、藤原 和博 (訳) ダイヤモンド社
教育改革のやめ方: 考える教師、頼れる行政のための視点
「改革疲れ」が指摘される現場にむけて、理想と現実のギャップと「副作用」、「立ちどまって問い直すための視点」を提示。教育分野を牽引する、頼りになる研究者による、4年ぶりの単著。
広田照幸 岩波書店
測りすぎ ― なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?
パフォーマンス測定への固執が機能不全に陥る原因と、数値測定の健全な使用方法を明示。
ジェリー・Z・ミュラー みすず書房
教育を変える ― 暴力を越えて平和の地平へ
10代はいまどこにいるのか。社会、学校…その関係性に目をそむけて子どもだけを追いつめる言説、暴力の正体。閉塞状況を切り開いて子どもとともに学ぶ普通教育の創造とは。
竹内常一 桜井書店
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至の等身大ノンフィクション。
ブレイディみかこ 新潮社

コメントをどうぞ




このページのトップへ