新聞投書で意見表明(2019年12月例会報告)

2019年12月31日(火)|by カプス管理2
国語表現の新聞投書に関する実践報告があった。

【授業の実際】
1.新聞投書を読み、特徴をつかむ。10代の投書を読む。
2.テーマ、構想メモを書く(探究のテーマや、世の中、社会について「おかしいな」と感じていること)
3.下書きを書き、批評しあって推敲する。
4.推敲した原稿を「Google フォーム」で提出する。
5.メールで新聞社に投稿する。
6.成果
 ・社会問題に目を向けるきっかけとなる
 ・「世の中(で起きている問題)に対して意見を発信する」という経験となる
 ・外部評価(教員による評価とは異なる評価者)
  →90 人ほどの生徒が投稿し、6件が掲載(朝日新聞、読売新聞)

コメントをどうぞ




このページのトップへ