映像を「見る」授業の提案(2019年2月例会)

2019年02月17日(日)|by カプス管理2
18時からおこなわれた今回は、授業研究会の報告から始まった。2月9日におこなわれた、神戸大学附属中等教育学校の授業研究会。なかでも、 4年生(高校1年生)国語総合「主体的な学びと『見る』力の評価」という授業である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《単元の説明》
「小説の読解」「詩の解釈」「キャッチコピーを創作する」の単元で学んだ「言葉を読み取り解釈する学習」「工夫された表現を理解し創作する学習」を総合して、画像や映像を「見取る」ことから得た情報や解釈を基に、創作文やキャッチコピーを「書く」という学習活動へ展開。また、「ハテナの学習」(質問づくりの手法)で学んだことを「批評文を書く」学習につなげた。

《単元のねらい》
視覚情報の素材から、情報を「見取る」力を伸ばし、そこから得た情報や解釈を基に、自己の表現へとつなぐことができるようになること。

《単元の展開》
学びの意識調査 
絵に合う言葉を探す(1)
写真から見取った人物の日記創作と鑑賞(2 ~4)
Amazonプライムの動画を見て日記創作と鑑賞(5~7)
動画をCMとし て見て、そこに込められたメッセージを分析し、キャッチコピーを作る。(8・本時)
キャッチコピーの鑑賞とハテナ学習(9)
批評文を書く(10) 
評文鑑賞(11)
事後学習(400字レポート)「今回の学習に生かせたこれまでの学びと今後に生かすことができる学びについて」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この報告についての会員の意見。

・これまで紙ベースの教材しか作成してこなかったが、動画を使った授業プランも考えられるのではないか。
・ドラマの「アテレコ」のように、動画のセリフを考える授業もありうる。
・動画の、全員が同じスピードで「見とる」ことができる点はメリットである。
・動画の種類は、論理性を重視したもの、小説的な文学性を重視したもの、詩的なイメージを重視したもの、などが考えられる。
・表現描写に注目させるなど、小説の基本的な読解に使うこともできる。→そうではなく(答えが収斂されるものではなく)、拡散に使うほうが面白いのではないか

コメント 2 件

  1. wakana より:

    発想の転換ですね
    今までにもありましたがタブレットがある時代にはとても取組みやすいので楽しそうです
    実際にやってみたいですね

  2. カプス管理2 より:

    コメントありがとうございます。授業で使うツールが増えてくると、選択肢も増えてきますね!

コメントをどうぞ




このページのトップへ