2018年10月のオススメ本

2018年11月05日(月)|by ホームページ管理
       
タイトル 作者名 出版社
ニッポンには対話がない
[『ていねいなのに伝わらない「話せばわかる」症候群』(日経ビジネス人文庫)として文庫化]
品格や武士道よりも「対話力」。「違い」を前提として互いの考えを粘り強くすり合わせていく対話の発想を軸に、気鋭・奇才の二人が、教育と社会の再生を語り合う。
北川達夫・平田オリザ 三省堂
楽園のカンヴァス
ルソーの名画に酷似した一枚の絵。そこに秘められた真実の究明に、二人の男女が挑む。興奮と感動の傑作アート・ミステリ。山本周五郎賞受賞。
原田マハ 新潮文庫
働き方の哲学 360 度の視点で仕事を考える
すべての人に効く、図と絵でわかる“働き方バイブル"登場! 仕事、キャリア、成長、リーダーシップ、自己実現、会社、メンタル…… 「働くこと」を考える上で大切な概念を完全図解。
村山昇(著)・若田紗希(絵) ディスカヴァー・トゥエンティワン
孟嘗君(1)(2)(3)(4)(5)
中国戦国時代――壮大華麗な歴史ロマン。漢文の授業をするときにおすすめ。
宮城谷昌光 講談社文庫

コメントをどうぞ




このページのトップへ