2018年3月のオススメ本

2018年05月07日(月)|by ホームページ管理
       
タイトル 作者名 出版社
学校が教えないほんとうの政治の話
若者の投票率は低いのは「ひいき」がないからだ。「ひいきの政治チーム」を決めるにはまず「地元」を確かめよう。実践的政治入門。
斎藤美奈子 ちくまプリマー新書
教師という生き方
日本の中学校教師は世界一多忙!? 生徒との関わり方、授業の工夫、同僚とのつき 合い、保護者対応、様々な校内トラブルなど。教育現場が複雑・多様化するなかで、変わらない教師の資質、醍醐味とは何か。30年間、公立中学校の教員として勤務し、いじめや学級崩壊を起こさせない取り組みのひとつである「構成的グループ・エンカウンター」実践者として注目される著者が仕事への想いを語り尽くす。
鹿嶋真弓 イースト新書 Q
「資質・能力」と学びのメカニズム
新学習指導要領を読み解く。子供本来の学びの在方と「資質・能力」育成との関係。「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業づくりの原理。今こそ問うべき「教科の本質」。
奈須正裕 東洋館出版社
深読み日本文学
「色好みの伝統」「サブカルのルーツは江戸文化」「一葉の作品はフリーター小説」など、古典から漱石・一葉らの近代文学、太宰・安吾らの戦後作品、さらにAI小説までを、独自の切り口で分析。創造的誤読、ユーモアの持つ効能、権威を疑う視線といった、作家ならではのオリジナリティあふれる解釈で、日本文学の深奥に誘う。
島田雅彦 インターナショナル新書

コメントをどうぞ




このページのトップへ