これからのカプス 方向性と世代交代を(第180回 2016年3月27日 例会報告)

2016年04月06日(水)|by カプス管理2
 今回の例会では、今後の活動の方向性を決定した。


 活動のメインとしては、アンダー50からの提案を受けて、新たに「生き方GETライト版」(仮称)を作成することを決定した。「ライト版」は、対象を中2〜高1あたりとし、テーマは教材作成の過程から決めていく。作成にあたって、月1回の例会以外にも、3つの作成グループごとに集まり、検討会を行う予定。「ライト版」の出版は2〜3年後を目処とする。また、並行して既存の『生き方GET』5冊の広報・宣伝・販売も進める。


 毎回の例会では、上記の教材作りのほかに、年に数回、新企画のセミナー・イベントも開催する。次回は「まわしよみ新聞」ワークショップを開催予定。

コメントをどうぞ




このページのトップへ