更新履歴

2018年2月のオススメ本

2018年02月13日(火)|by ホームページ管理
       
タイトル 作者名 出版社
奇跡の人 The Miracle Worker
明治時代の青森を舞台にした、ヘレン・ケラーのオマージュ。惹きつけられるうまさがある。
原田マハ 双葉文庫
輝く子
元兵庫県立高校国語科教諭による句集。ホトトギス同人。(俳句はなぜルビを振らないのか?)
藤井啓子 ふらんす堂
落語家直伝うまい! 授業のつくりかた 身振り手振り、間のとりかた、枕とオチ…落語は授業に使えるネタの宝庫 立川談慶 玉置崇
教師の資質 できる教師とダメ教師は何が違うのか?
サブタイトルがミスリーディング を誘うが、教師を支える立場から書かれている。
諸富祥彦 朝日新書
問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学
神戸で開催された、著者2人の講演会と懇親会に参加した。苫野さん曰く、「実践なき哲学は空虚であり、哲学なき実践は迷走的である」
多賀一郎、苫野一徳 学事出版
AI vs. 教科書が読めない子どもたち
AI の開発から、子どもの読解力の問題を炙り出している。リー ディングスキルテストについては、注視すべき。
新井紀子 東洋経済新報社
コメント(0)

今後の例会についての検討(第202回 2018年2月3日 例会報告)

2018年02月12日(月)|by カプス管理2
今後のカプス例会でおこなうことは、以下の通り。

1.授業案の検討、授業実践報告
これまで『舞姫』『夢十夜』でおこなってきたような授業案の検討や、授業実践報告は継続しておこなう。教材は、いわゆる定番教材を中心に、小説や評論も扱う。

2.『生き方GET』ライト版(仮称)について
新テストを始めとして、高大接続のあり方が変わってきているなか、従来通りの出版、という形は難しいかもしれないが、模索を続ける。まずは、国語教育部会の全国大会で発表された4本の教材を検討する。

【次回の例会】

以下の素材文について、「何を教えるか?」「どうやって展開させたら面白いか?」「そもそも教材として使えるのか?」などの視点から、検討します。各自、指導プランを持参してください。

・白岩玄『ヒーロー!』(河出書房新社)pp.9-15 および pp.92-100
・中脇初枝『世界の果てのこどもたち』(講談社)pp.205-212

※素材文はチャットワークにアップしています。
コメント(0)

生徒を読書に向かわせるには?(第202回 2018年2月3日 例会報告)

2018年02月12日(月)|by カプス管理2
生徒に読書をさせるにはどのような方法が考えられるか、という問いが提出された。

ある定時制の学校では、「1年間に本を1冊も読まない」と答えた生徒が全校生徒の65%であった。

会員から出された意見を紹介する。
・本が身近にあることが大事。小 3のときに先生が教室に備えていた『橋のない川』や『次郎物語』を読んだのが、読書のきっかけ。
・小学校で読んでいた子でも、中学・高校となるにつれて読まなくなる。定期的に強制的に読ませることも必要。『こころ』など、年間3冊を学年の全生徒に教材とともに買わせていた。本を全く読んだことがなかった生徒が、金城一紀『GO!』を読んだ。1冊でも読めた、ということがモチベーションにつながる。
・本紹介の仕方も工夫。花村萬月『二進法の犬』は、「これは大人が読む本だから絶対に読んだらダメだぞ!」 と紹介した。その後、こっそりと「読みました」と言ってきた生徒も。
・ビブリオバトルなど
・図書室の利用。特に歴史ある学校だと、図書室に貴重な本が眠っている。これを活用しない手はない。
コメント(0)

『夢十夜』をジグソー法で(第202回 2018年2月3日 例会報告)

2018年02月12日(月)|by カプス管理2
授業実践報告は、夏目漱石『夢十夜』より「第一夜」が教材。昨年度、研修報告として校内で おこなった研究授業である。この授業はジグソー法という手法に焦点を絞った研究授業である。

回は、「「百年はもう来ていたんだな」と男が気づいたのはなぜか」というメイン課題を解決するために、「百合」の意味、男が「白い花弁」に接吻した意味、女と男の約束の意味、という3つの課題を別々に考え させた。生徒には「1人では解決できなかった課題を、他者と協働することで解決する」という実感を持たせた。

会員からは、次のような意見が出された。

・『夢十夜』を扱う意義とは?
→やはり男目線。習作にすぎないのでは?
→象徴表現など、小説技法を教える際に有効。

・答えありきの閉じた課題でジグソー法をしても面白くない。オープンな問いに向かわせたほうがよい。
・「百合」の意味とは?
→「百年・合(逢)う」という解釈は正しいのか?
→「漱石が見た百合はどんなものだろう」などと発展させると可能性が広がる。
コメント(0)

今後の例会

2018年02月04日(日)|by カプス管理2
第203回 例会
 日時…3月17日(土)18:00~20:00
 場所…生田文化会館
 ※ 土曜日の開催です。また、当初とは、時間・場所が変更されています。

第204回 例会
 日時…4月22日(日)14:00~17:00
 場所…生田文化会館
 
コメント(0)
このページのトップへ