例会報告

塩原良和「ネオビベラル多文化主義―選別と排除の論理」(2020年10月例会)

2020年10月20日(火)|by カプス管理2
 「世界中がハンバーガー」との合わせ読み教材で、塩原良和「ネオリベラル多文 化主義―選別と排除の論理」(『共に生きる ―他民族・ 多文化社会における対話 現代社会学ライブラリー3』弘文堂 所収)について検討した。

〔教材について〕
 「役に立つ人―多文化主義と新自由主義が生み出す選別と排除の論理―」
 グローバリゼーションによる影響のうち、文化と経済に関わる題材を取り上げた。2019年4月より入管法が改定施行され、「特定技能」資格を持った労働者を受け入れることになった。それら4万人ほどの方を含め、日本には、在留外国人がおよそ365万人いる(2019年12月現在)。「助っ人」のマイノリティである外国人を、マジョリティとして優位な立場から選別している構図に目を向けさせたい。

 今回の問題提起、議論を受けて、次回は「分断」をテーマとした教材検討をすることになった。教科書教材として、気候変動問題をテーマに、世代間の対立に触れながら論じた、岩井克人「未来世代への責任」を扱う。
コメント(0)

最上敏樹「世界隔離を終えるとき」(2020年10月例会)

2020年10月20日(火)|by カプス管理2
 最上敏樹「世界隔離を終えるとき」(村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きる』岩波新書 所収)。筆者は専門である国際法の立場から、コロナ後の世界について論じている。

〔内容〕
 コロナによって、それぞれの国の脆弱性があらわとなるだけでなく、この事態に地球全体の問題が関わってい ることが明らかとなった(環境破壊、野放図な自由主義経済、脱落者の切り捨て等)。今後、「勝者なき収束」のあとはどうなるのだろうか。一方、世界の各国の友人が「同じ境遇におかれている」という実感を抱くことができるようになった。この「深い精神的連帯」は、来るべき世界の資本となるであろう。

 会員から「「グローバル化」というテーマで読ませることもできそう」「地理を詳しく学んでいない生徒にもわかりやすい」などの意見が出たあと、以下のような問題提起がされた。

 教育現場は、目の前のこと(行事どうする、消毒どうする等)に追われて、コロナ後のことを考える余裕はない。しかし、授業ではそこをこそ扱いたい。たとえば大坂なおみ選手のことなど、人権問題として取り上げるべきである。ニュースなどで知ってはいる生徒に、さまざまな情報を統合させ、今こそ課題意識を持たせたい。

 身近なところで、世界中で、いま起きている、「分断」の問題(生徒の中にも、部活動や入試をめぐって分断が起きている)、格差の問題を、教室に課題として持ち込みたい。
コメント(0)

多木浩二「世界中がハンバーガー」教材検討(2020年9月例会)

2020年10月05日(月)|by カプス管理2
 「どういう状態になれば「読める」と言えるのか?」を考えて、改めて教材研究をおこなった。

 会員からは、本文への書き込みについて、評論の読み方、評論の基本パターン等についての意見が出た。

青木保『多文化世界』(岩波新書、2001年)
岡真理「「文化が違う」とは何を意味するのか?」(一橋大学、2010年過去問より)
 「情報を統合させ、まとめること」を目標に、青木保は基礎文献として、岡真理はいまの世界を考えるために。
コメント(0)

多木浩二「消費されるスポーツ」教材検討(2020年9月例会)

2020年10月05日(月)|by カプス管理2
【授業案】
 教科書への導入として「読売中高生新聞」を。五輪延期という身近な話題から、評論文を通して、知らないことを知り、批判的に考える。教材では「具体と抽象」「逆接」などの読む技術を指導する。

【なぜ「読み比べ」教材開発をするのか?】
 教材検討の過程で、原点に立ち返り、そもそも「なぜ読み比べをするのか」、カプスの活動で、何のために複数テキストの教材開発をしているのか、会員で再確認した。

・東京書籍『精選現代文B』では「読書」に関する複数教材。新課程の教科書も同様か。
・大学入試(共通テスト、二次試験)では複数教材での出題が増えていく。
・中学は次年度から新課程だが、やはり複数教材で読み比べができるようになっている。
・小学校ではテーマに合わせた複数教材の指導がしばしばされている。
・背景知識がないと文章は読めない。
・教材テーマを他教科と関連させて、教科横断での指導をしていきたい。
・複数の文章を読ませることで焦点が拡散し、教科書教材を読めなくなるのではないか? 
 →教科書教材で言語技術は当然、しっかりと教える。そこに投げ込み教材によって補足する。
・教科書教材を使って、「この教材ではこの言語技術を教える」という形で絞り込んでいくことが必要。
・カプスの活動としては、「今の現場で使える形」での教材開発をやることが必要。
 →それが、「教科書教材を元にした複数教材の開発」である。
コメント(0)

松井さんの“括” 原点に返るべし―言語技術の訓練、教師の変革(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
現代文を学ぶとはどういうことか。

言語技術の獲得の訓練をする、読み方を身に着けさせ、社会構造への視点を伸ばす。それが現代文である。投げ込み教材等で深める前に、言語技術の訓練をしないといけない。

そして定義づけ。「グローバル化」「グローバリズム」と、資本主義化である「グローバリゼーション」はまったくちがう。(M. ガブリエル=齋藤幸平『未来への大分岐』)

現代文の授業とは何か、現代文の教師とは何か。まずは原点に返り、「他人の靴を履く」(ブレイディみかこ)こと。

そうでないと「エンパシー」はありえない。 生徒がどう変わって、教師自身がどう変わるのか。実践なくして変革はない。
コメント(0)

今を考えるための教材 ―コロナ禍を考える 萱野稔人『ナショナリズムは悪なのか』(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
コロナ禍の今だからこそ生徒に読ませたい「今を考えるための教材」。

「自粛要請に従う」「自粛警察」など、コロナ禍の日本がフーコーの言う「生権力による統治」の典型となっていることから、萱野稔人『ナショナリズムは悪なのか』より、フーコーの「規律・訓練」を解説した文章を提案。

人々が 「常に監視されている」ことで服従的になるありさまは、学校制度そのものでもある。

会員からは、教室で読ませることは「ヒヤヒヤする」という意見の一方、「集団行動」などで学校制度に従順になっている(三浦雅士『身体の零度』)生徒には意識的にあってほしい、という意見も。

また、独メルケル首相のスピーチや青森県の貼り紙のニュースも関連させられるという意見も出た。さらに、単発で投げ込むよりも、教科書教材と組み合わせられないか、という提案が出た。
コメント(0)

多木浩二『世界中がハンバーガー』教材検討(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
複数教材の検討をおこなった。

いま現場の授業では、1つの教材を読んで終わり、次は別の教材、 という形で、教科書教材を単発で扱うことが多い。しかし、1つの教科書教材に関連する(類する/反する)教材を合わせて読ませることで、読み方を教えるとともに、テーマを深め、考えを広がることができる。

また、新学習指導要領の科目「論理国語」などでは、 複数の文章を解釈したりまとめたりすることが指導事項となっており、共通テストでもそのような形式で出題される見込みである。

こういった背景から、最近の例会では、ある教材を取り上げ、それに関連する文章を会員で持ち寄り、検討することを試みている。 今回、取り上げた教材は、多木浩二『世界中がハンバーガー』。グローバル化に関するものとなった。 コロナ禍のなかでグローバル化はより実感の湧きやすくなったとも いえるが、何がグローバルで何がローカルなのか、普遍化・固有化 の問題は依然として起きている。

○渡辺靖『〈文化〉を捉え直す』(広島大学2017年入試より)

○東浩紀「『思想地図β』創刊に寄せて」(コンテクチュアズ、2011)
 住原則也『「グローバル化」の中の異文化理解』
 世界のマクドナルドのメニュー(補助資料)

会員からの意見

・読み合わせは、抽象的な内容が、別のテキストによって繋がり、 生徒が実感を持てることがおもしろい。
・まずは教科書で読解力をつけて、それから発展学習で深めることが大事。

→これらの意見をもとに、2学期に実践予定である。
コメント(0)

演劇的手法を用いた授業案 住野則也『「グローバル化」の中の異文化理解』(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
オンライン例会も4回目。

今回は、演劇的手法を用いた授業提案から。

演劇的手法とは、ある立場に立って考える、という演劇のプロセスを重視する手法で、話し手と聞き手に分かれることで擬似的な「ライブ感」が出て、内容の理解を深めることができる、などのメリットがある。文章を読めることが社会に繋がることを実感させたいという思いから、教科書教材である住野則也『「グローバル化」の中の異文化理解』を主テクストとして提案した。

この提案に対して会員から、
・「自分が授業をするなら」という視点で、意見や改善案、課題が述べられた。
・単に1つの文章を読んで終わりという形ではなく、そこからどう考えられるかと発展する可能性がある、全員が体験する意義がある。

という意見の一方、発表形式やグループ編成の改善案、評価の問題などの課題も指揮された。

これらの意見をもとにもう一度練り直し、冬に授業を実施予定ということである。
コメント(0)

多木浩二『消費されるスポーツ』教材検討(2020年7月例会)

2020年08月10日(月)|by カプス管理2
前回に引き続き、実践予定教材、多木浩二『消費されるスポーツ』に関連して、複数教材の検討をした。

事前に、4人から教材案が提出された。

雑誌記事『現代スポーツ評論』
 「スポーツを消費すること」について別の視点で考えることができる題材にならないか、という観点で選んだもの。スポーツにおける寛容さや偶然性を論じている。

新聞記事『朝日新聞』、雑誌記事『Number』、ツイッター(大迫傑選手)など
 「スポーツの消費者/被消費者の関係から、生産者/愛好者/支援者の関係へ」をテーマに、新聞記事、ツイッタ ー等の文章を読ませる。甲子園の問題など、生徒にとって身近なテーマの題材や、ソーシャルメディアを利用した新しいスポーツのあり方を紹介したものも。

國分功一郎『暇と退屈の倫理学』、若林幹夫『「誰か」の欲望を模倣する』、橋本努『ロスト近代』
 「消費」を理解するための文章。消費の構造や、欲望の構造を知ることで、本文の読解の助けとし、さらに消費 社会以降の現代を考えるための視座に。

森博嗣『お金の減らし方』
 本文に即した「スポーツとメディアの結びつき」のほか、「消費と生産」、消費と結びついてるもの、自分とお金との理想の関係などについて、グループで考える。

《会員からの意見》
・「理解する」レベルの読解力はある生徒。それを生活実感・感覚として落とし込めるようにしたい、
・現代文の授業では、むしろ生活とは異なる知のあり方に違和感を覚えてほしい(それが教養、知への入り口)。
・効率を求める気持ちが強い受験生。その現状の中で自分が面白いと思う文章を与えることだけで、果たして生徒が変容するのかと思う(何かの仕掛けがいるのではないか)。
・高校生は「あたまでっかち」で実感を伴わなくても「わくわく」するような体験をしてほしい。
・集団で同じ場で学んでいるからこそ、学びが促されるのではないか。

松井仁(当研究会代表世話人)より
・生徒に変化を促す。定義付けをしっかりして、知の背景を教えることが大事。現代文はこんなにおもしろいんだ、ということを示さないといけない。
・常識にどっぷりつかっている生徒から、常識論、通俗的道徳を、1枚1枚剥がしていき、戦っていくのが高校の現代文。そうすると生徒が「え! そうなんや!」という意外性に出会う。それが学びへの楽しさへ。
・やさしい教材で、価値観を揺るがす。授業では教師の人生観、世界観が出る。希望を埋め込んでほしい。

○参考図書
・加藤周一「オリンコーラ」
・多木浩二『スポーツを考える』
・三浦雅士『考える身体』『身体の零度』
・橋本努『自由に生きるとはどういうことか』
コメント(0)

「精神的な密」を!(2020年7月例会)

2020年08月10日(月)|by カプス管理2
今回もオンラインでの開催となった。

当研究会代表世話人の松井仁よりの熱いメッセージ。

(1)黒人差別問題についてー“Black Lives Matter”をどう訳すか?―
 「黒人の命は」か、「黒人の命も」か、「黒人の命こそ」か。メディアは「も」を使っているが、それではぼやけてしまう。ある人が「黒人の命を軽く見るな」と訳していたが、もっといい訳があるかもしれない。黒人問題の歴史的背景も含めて、助詞一つで現代文と古文を教えることができる。これを材料にしながら授業ができないだろうか。

(2)教師教育論
 コロナ禍での教育論は、授業時間の確保、行事の削減、今まで通りのオンライン授業など、ずれていないだろうか。もう一度立ち止まって考えてみる必要がある。
 学校で教える本質は何か。その本質を教師が共有しているか。「群れ」である生徒は、行事を通して「集団」に変わる。身体的な密ではなく、精神的な密を考えるべき。
 大阪の私学(進学校)で、コロナ後の世界でいるもの・いらないもの、を討議させたところ、「いらない」の筆頭は教師だと生徒が言ったそうだ。
 今こそ、教育の本質を議論すべきである。
コメント(0)
このページのトップへ