例会報告

【松井仁さん 語る】得手に帆を揚げよ―1つのメッセージとして「あ」じゃなくて「お」(2019年6月例会報告)

2019年07月21日(日)|by カプス管理2
2月、京都にて「待て、而して希望せよ―プロレタリア文学再考から見えてくるもの」と題した「提起」をおこなった。「民主主義の反対はなにか?」という問いに答えられない、「ファシズム」「全体主義」と出てこない若者。「抗う」がテーゼだった時代に比べ、全部受け入れてしまう時代。何よりも望まれるのは「夢と凛と情」をあわせもつリーダーの輩出である。(「「あ」じゃなくて「お」」は「わたし遺産」大賞作品より)

1. 元号が変わったから新時代が来る―!?
三島由紀夫は割腹4日前、これからの日本は「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色」だと言った。実際その通りになっている。おまかせ民主主義、他人事。藤澤令夫(ギリシア哲学)が「イデアと世界」で述べた「軽信」「軽操感」である。

2.「令和」の英訳から見えるもの
「和」とは「同調圧力」「同調性」である。「和而不同」ならよいが、そうではない。品川悦一『万葉集の発明―国民国家と文化装置としての古典』は従来の説を洗い直した力作である。万葉集がいかに「国民の詩歌=国詩」となったのか。文化的装置、ナショナル・アイデンティティの拠り所としての万葉集を論じている。万葉集はこの文脈から読むべきであろう。

3.「イチロー選手のあり方」その凄さは何か
イチロー選手の凄さは、日本固有のありかたを、特殊性に閉じさせるのではなく、普遍化したところである。内野ゴロをヒットにするという新しい野球の姿を提示したのである。

4.教育をめぐる情勢について問わず語り
  • 中高生に木の高さをどうやって測るのか(新井紀子の話から)
いまの中高生は、問題を自分の問題として受け止められない。必要なのは処世術ではなく、処「生」術である。「生きる力」(文科省)ではなく「生きるちから」(70 年代の民間教育運動)である。AI によって、人間がAI 化していることが問題である。
  • いわゆる「PDCA」の愚
「PDCA」は 70 年代ごろから使われた語。結果、上意下達、前例踏襲だけが残った。言葉はその背景を押さえないといけない。
  • 主体的・対話的で深い学び」「共通テスト」
これからどうなるのか。一度疑ってほしい。

5.「学校なしに、子どもを街中に放り出しておいては、身につかないもの」とは何か
マスコミや国家に左右されず、自立した判断をする能力であり、技術革新の激しい時代を生き抜いていく職業人としての素質である。前者は思想信条の自由・良心の自由を守るため、後者は職業選択の自由につながるものである。教育とは「選択」が見えるかどうか、生徒が何かをチョイスできるかどうか、である。

6.谷崎潤一郎の「ルネサンス」―なぜ「細雪」は発禁処分となったのか
谷崎は関西を舞台に、ルネサンスの実験を行った。『細雪』は軍国主義が不在であることによって発禁になった。谷崎は『源氏物語』を現代語訳したが、『源氏』のエッセンスは「人の心や自然の風物の日に接することによってそぞろに催される、深くしみじみとした感動」である。

7.結成 22 周年の「カプス」の現状と展望について
今後は、「先達」が授業を見せることが必要ではないか。教材(羅生門、水の東西)をとりあえげる現代的な意義とはなにか。問題意識を生徒に持たせないといけない。生徒の中に「矛盾」を巻き起こしてほしい。
コメント(0)

早く、正確に読む授業の実践(2019年5月例会報告)

2019年07月21日(日)|by カプス管理2
今回は、高校1年生を対象にした『水の東西』の授業報告があった。
2時間で授業を終える、という課題を自らに課し、授業を行った。


【1時間目】
〈授業の流れ〉
1.説明
2.2分で黙読
3.200 字要約
〈板書の説明〉
・授業で身につけること「初見の文章を、早く、正確に読む力をつける」
・評論の要約の仕方
・評価の観点

【2時間目】
〈授業の流れ〉
1.ペアで音読
2.前回のノートに記した評価規準をもとに、配付した4本の要約を評価する。

【会員からの意見】
1.キーワードやキーセンテンスの見つけ方はどのように指導するか。
〈キーワードの見つけ方〉
  タイトル、カギカッコ、二項対立、繰り返される言葉に注目する
2.線引きをさせながら読ませる意義は何か。
   線引きは、読めない生徒にとっては、文章の整理をするためのきっかけとなる。
   読める生徒によっては、文章の読み方を意識化するためのきっかけとなる。
3.(進学校では)読み方を決めつけて指導するのではなく、ある程度の幅をもたせて指導したほうがよい。
4.まずは「早く読む」ための指導を行う。(高3で分速 2000 字、高 1 で分速 1500 字、が目標)
 
コメント(0)

年間指導計画から今年度を振り返る(2019年3月例会)

2019年04月14日(日)|by カプス管理2
明日から新年度を迎える今日の例会は、実践者たちが今年度の指導計画を持ち寄り、会員と共に一年間を振り返った。
【第一学年 国語総合(現代文)】
教科書教材の評論や小説を主として用いた。文章の構成や論理の展開、小説の設定、構造などの基本事項をおさえ、主張や主題に迫る授業を展開してきた。また、教科書会社から配布される「学習課題ノート」を活用したり、100字要約に取り組ませたりして学力向上を図った。

これについて、会員から以下のような指摘があった。
・年間を通して生徒はどのような力をつけて欲しいかを設定されているのか。
・そのために、一時間の指導事項(言語技術)を明確にする。
・自身のノートが参考書となるような授業づくりを心がけること。例えば。要約を書かせたとき、生徒同士で相互評価をさせる。生徒たちはノートをもとに、評価し合うことが可能となる。

会員の意見を踏まえて、授業担当者は「何のためにその学習活動をするのかを問う必要がある。そこを詰めずに形骸化した学習活動があることにも気が付いた。次年度は明確な目的・目標を教科担当間で共有していくことから始める。」と反省した。新天地での授業改善に期待したい。
【第二学年 国語総合】

前年度の生徒達は、「答え(主張)の論拠は?」と尋ねると「なんとなく」と返答しており、そこに問題意識を感じていた。そこで、年間を通して「主張と論拠」を問うことを意識して指導計画を立てた。結果、年度末には「なんとなく」と答える生徒はほぼいなくなり、論拠を探すことでじっくりと本文と対話する姿も見られるようになった。また、カプス会員が実践したテーマや教材、「セメント樽の中の手紙」なども授業で扱い、教科書教材以外の教材発掘にも取り組んだ。

会員からは、
・問題意識を持つことは重要だが、それが生徒に身につけさせなければならない内容なのか、吟味しなければならない。
・次年度はどのような問題意識を持って計画を立てるのか。
・「書く」ことができない人が多い。文章をきちんと「書く」ことができるようになる学習活動は考えているのか。

という指摘があった。卒業すれば大半の生徒が就職する夜間定時制高校で、生徒たちに何を身につけさせなければならないのか。どんな教材が必要なのか。今一度吟味する必要があるだろう。

これらの先達からの助言を活かしつつ、自校の生徒のために邁進していかなければならない。
コメント(0)

【授業計画のふりかえり】具体的なゴールを示すこと(2019年2月)

2019年02月17日(日)|by カプス管理2
会員が実施した年間指導計画(結果)について、話し合った。

高校1年国語総合(現代文)のもの。単元名、評価の観点、身につけさせたい資質・能力、言語 技術、言語活動をまとめたもので、4人持ちの教員の共通理解を図っていた。

反省としては、「読む」指導の バランスに自信がない、「話す・聞く」の指導が実質的にできていない、ということであった。

これに対して、 会員からは次のような意見が出された。

・評論教材で「話す・聞く」指導を実践できる
(例)教材を○分で読む→1分間要約スピーチをさせる→評価をさせる→まとめ評価は、授業で学んだ「読み方」(接続語やキーワードなど)を使えているかどうか、ということ。これを繰り返すことで、論理的に話せるようになってくる。
・数字を示して具体性を持たせたほうがよい
(例)「分速〇文字で読む」「80字以内で要約できるようになる」などの具体性があるゴールを示す。数値目標は生徒も理解しやすく、スポーツ的な感覚で実感できる。
・全体(3年間/1年間)のゴールと、それを達成するための、単元(教材)ごとのゴールを示すべき
・大学入試、模擬試験とのつながりを、教科書教材で持たせるとよい。授業で扱う教科書教材と、模試とはかなりの隔たりがある。それをどれだけ縮められるか。
コメント(0)

映像を「見る」授業の提案(2019年2月例会)

2019年02月17日(日)|by カプス管理2
18時からおこなわれた今回は、授業研究会の報告から始まった。2月9日におこなわれた、神戸大学附属中等教育学校の授業研究会。なかでも、 4年生(高校1年生)国語総合「主体的な学びと『見る』力の評価」という授業である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《単元の説明》
「小説の読解」「詩の解釈」「キャッチコピーを創作する」の単元で学んだ「言葉を読み取り解釈する学習」「工夫された表現を理解し創作する学習」を総合して、画像や映像を「見取る」ことから得た情報や解釈を基に、創作文やキャッチコピーを「書く」という学習活動へ展開。また、「ハテナの学習」(質問づくりの手法)で学んだことを「批評文を書く」学習につなげた。

《単元のねらい》
視覚情報の素材から、情報を「見取る」力を伸ばし、そこから得た情報や解釈を基に、自己の表現へとつなぐことができるようになること。

《単元の展開》
学びの意識調査 
絵に合う言葉を探す(1)
写真から見取った人物の日記創作と鑑賞(2 ~4)
Amazonプライムの動画を見て日記創作と鑑賞(5~7)
動画をCMとし て見て、そこに込められたメッセージを分析し、キャッチコピーを作る。(8・本時)
キャッチコピーの鑑賞とハテナ学習(9)
批評文を書く(10) 
評文鑑賞(11)
事後学習(400字レポート)「今回の学習に生かせたこれまでの学びと今後に生かすことができる学びについて」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この報告についての会員の意見。

・これまで紙ベースの教材しか作成してこなかったが、動画を使った授業プランも考えられるのではないか。
・ドラマの「アテレコ」のように、動画のセリフを考える授業もありうる。
・動画の、全員が同じスピードで「見とる」ことができる点はメリットである。
・動画の種類は、論理性を重視したもの、小説的な文学性を重視したもの、詩的なイメージを重視したもの、などが考えられる。
・表現描写に注目させるなど、小説の基本的な読解に使うこともできる。→そうではなく(答えが収斂されるものではなく)、拡散に使うほうが面白いのではないか
コメント(2)

新年会(2019年1月)

2019年02月12日(火)|by カプス管理2
1月の例会は毎年恒例の新年特別例会。京都でおこなわれた。当研究会・代表世話人の松井さんの語りをまとめる。

新しい思いのせて櫂をこぐー非連続の連帯へー

《2018 年6月23日におこなわれた沖縄全戦没者追悼式において、相良倫子さん(沖縄市立港川中学校3年) が自作の詩「生きる」を読み上げた。冒頭、その動画を見る。》

日本の政治は、教育は、彼女の小さな魂に応えているのだろうか。 来月、講演会がある。東大闘争の総括を、八鹿高校事件を、語る人物がいない。語らなければならない。

1.勇気こそ地の塩なれや梅真白(草田男)
我々は「地の塩」にならなければならない。山崎高校、予備校の教え子たちが現在40代。 教師をしていたころは、平和、平等、人権など、共通の地平があった。今はどうか。教師が変わらないと生徒は変わらない。

2.日常(職場・学校)の中の「空気」の圧力 ・「分」をわきまえろ という圧力がある。
・「国のために基地提供を甘受すべし」という圧力
・タレント・ローラの「政治的」発言に関する批判
・落合陽一・古市憲寿の発言(注1)…想像力の欠如である。
・「ヘタレ」根性 「だれかやるでしょう」という考えの者が多い。メディアも考えなくなった。ニュースキャスターも同じく。

3.次の「春」を立案するために
・動詞にこだわることの大切さ
 動詞がおとろえている。体験していかないといけない。
・「それでもあきらめない」(カミュ「シーシュポスの神話」)
・相良倫子さんの詩
・俳句弾圧 不忘の碑(注2) 金子兜太の揮毫による。「人間をコマみたいに扱われたこと」に対する怒り。
 夏の海水兵ひとり紛失す(渡辺白泉)

注1:『文學界』2019 年 1 月号での対談「『平成』が終わり、『魔法元年』が始まる」のなかで、落合、古市は「終末期医療、とりわけ最後の 1 カ月の医療は金の無駄だ、社会保障費削減のためにやめたほうがいい」という趣旨の発言をした。記事は「文春オンライン」にも転載(現在は削除)。

注2:戦時中の治安維持法の下、40人を超える俳人が検挙され、投獄されるなどした事件を忘れないとして、上田市古安曽に「俳句弾圧不忘の碑」が建立された。碑の文字は故金子兜太の揮毫による。建立の計画を進めてきたのは、フランス人で俳人、比較文学者のマブソン青眼。「無言館」館主でもある。

4.必読推薦図書
・『罪と罰』(ドストエフスキー)
・ 『異邦人』(カミュ)
・ 『細雪』(谷崎潤一郎)…戦時中、『細雪』は軍部から発禁処分を受けた。それはなぜか?
・『あなた』(大城立裕)…大城立裕は沖縄初の芥川賞作家。
コメント(0)

「学校」の意味とは?(2018年12月例会)

2019年02月12日(火)|by カプス管理2
学校の役割は変容してきている。そのようななかでも、学校なしに生徒を社会に放り出したら身につかない ものがある。それは何か。

・現在、勉強はスマートフォンで可能である。生徒のなかには、「スタディサプリ」等のサービスを使って学んでいる者もいる。「知識・技能を身につける」という意味での勉強は、学校なしでも可能である。

・教科書会社ではかねてから通信教育に力を入れている。学校がなくても、困ることはないのではないか。

・現在の学校制度は明治時代にできたもの。そもそもは富国強兵のためであった。

・損得勘定以外で、働く意味を考えさせるのが学校ではないか。 →損得勘定は、人それぞれでは?

・学校は集団で学ぶ。他者と出会う場所ではないか。 →学校は同年齢の同質的な集団である。多様性は、社会に出るほうが体感できるのではないか。 →同じ年齢でありながら、「異なる」と感じる他者と出会うことができる。

・教育は、民主主義の共同体の担い手(=市民)を育てることである。そのような社会の担い手を育てることが学校の役割である。知識・技能だけでなく、学ぶ力、探究する力、考える力を育てることが重要。

・「受験学力」だけでなく「人間学力」

・現代の知恵を次世代につなぐシステム。

・学校は社会の縮図である。集団のなかでうまくやっていくことを教える場である。人間関係やリーダーシップ、フォロワーシップを身につける場である。

・学校は失敗しても許される場。

・学校でしか教育はない。他の場面(社会、家庭)では「啓発」や「生涯学習」という。
コメント(0)

今後のカプスの活動は?②(2018年11月例会)

2018年12月10日(月)|by カプス管理2
改めて今後のカプスの活動をまとめていった。

1.単元を構想する。
 ・教科書教材や投げ込み教材を用いて、単元を構想する。
 ・教科横断の視点も入れる。
 ・さしあたり、大修館書店「現代文B」(現 B310)を用いて、構想する。
2.単元例や授業実践例を HP にアップする。
 ・授業のアイデアをアップする ※「国語教育アイデア集」(仮)
コメント(0)

これから求められる国語教育とは?(2018年11月例会)

2018年12月10日(月)|by カプス管理2
今後のカプスの活動を考えるために、まず次期学習指導要領のポイントを確認した。

【科目構成について】
1.必履修科目が「国語総合」から「現代の国語」「言語文化」に。
2.「論理」寄り、「実用的な国語」寄りになる。
3.「小説を読む」時間は減ると思われる。
4.現場としては、教科書次第か?(2020年度教科書検定、21年度採択・供給、22年度使用開始)

【授業時数についてー「読むこと」中心の国語からの脱却―】
①現行でも「授業時数の割合」で書かれているにも関わらず、現場では「読むこと」中心に授業がおこなわれている。
②「書くこと」単元や「話すこと・聞くこと」単元(つまり、それらを「(読むための)活動」ではなくて「指導事項」として設定している単元)を作っていることはあまり多くない。
  →これまで以上に、きちんと「書くこと」や「話すこと・聞くこと」の指導ができる必要がある。

【まとめ】
①目指す資質・能力を明確にした単元計画、それを積み上げた年間指導計画が必要。
②「まず教材ありき」の単元構想から脱却し、資質・能力(指導事項)ベースの単元構想が必須。
③「話すこと・聞くこと」「書くこと」の指導の充実が求められる。
コメント(0)

今後のカプスの活動は?(10月例会報告)

2018年11月04日(日)|by カプス管理2
今回の例会は、会員が事前に考えてきた意見をもとに、今後のカプスとしての活動について話し合った。

1.個人としてカプスに求めること、取り組みたいこと
・国語の授業について、教師として、ヒントを得られる場(悩み相談も含めて)
・国語教員との関わりを持てる場
・新しい情報(学校について、国語について)を知る場
・仲間を通じて、国語教育に関わる場
・自分の知識や経験を(若い会員等に向けて)伝える場
・読書会
・授業の実践発表
・指導プラン作成

2.カプスとして全員で取り組みたいこと
・「生き方 GET」の取り扱いを考える
・教材開発(新学習指導要領に向けて)
・教員の「読む力」を養う
・単元の指導プラン作成→実践→報告
・授業の実践報告
・「書く指導」(批判的思考)
・複数教材、現代文・古典横断の教材

センター試験が廃止され、共通テストが始まり、新学習指導要領が公示されるなど、国語教育は大きく変わりつつある。しかし、カプスが従来から取り組んできたこと(「イキのいい」教材開発、「生徒の心に火を灯す」 授業実践)は、今の教育改革を、ある点において先取りしていたのではないだろうか。

とはいえ、現場の国語教員は、様々な業務に追われ、授業力を養う余裕もない。そのような中で、カプスとしてどのような活動をおこなっていくのか。次回は、新課程の動向も踏まえて、引き続き議論を重ねていく。
コメント(0)
このページのトップへ