最新情報

【意見共有】第1回共通テストを終えて(2021年2月例会)

2021年07月24日(土)|by カプス管理2
第1回共通テストを終えて センター試験に変わり初の実施となった大学入学共通テスト。国語の問題について意見を共有した。
  • 分量が長く、速読が求められる。
  • 新傾向への大きな変更はなし。必要な読解力も同じ。選択肢の作り方、選び方の技術も今までと同じ。 初年度は様子見で、大きな変更を避けたのでは。 ただ、今後、新傾向への大きな流れ、方向性(実用的な文章、複数教材)は止まらないだろう。
  • 複数教材は作成が手間。類似問題を作ることは大変。その意味でもカプスの教材開発には意味がある。
  • 作成方針を見ると、今後、実用的な文章がサブテキストとして出題される可能性はある。
コメント(0)

【実践報告】小説から身体論を考える(2021年2月例会)

2021年07月24日(土)|by カプス管理2
《実践報告》
教科書教材「自分の身体」(鷲田清一)の後、生徒の反応や実態をもとに予定していた指導案を修正。小説を教材に身体論を扱う。

教材はティム・オブライエン(村上春樹訳)「待ち伏せ」[筑摩書房『精選国語総合 現代文編』所収]。疑問に思う点や印象に残った表現などを挙げた。

《会員からの意見》
  • 良い教材。意外な組み合わせだが面白い。
  • 「条件反射的」の訳語について。
  • 「待ち伏せ」は身体論で読むことはできない。この小説は自分ではわからないことで身体が動いたことが特徴。
  • 身体は制御が効かないことを言いたい小説ではない。この小説を身体論に包摂してしまってはならないのでは。
  • ベトナム戦争の加害性を免罪符としてしまい、間違ったメッセージを受け取らせてしまう危険性も。
  • 複数教材は提示する教員の意図が働く。特に評論→小説では、小説の読みの方向性を決めてしまう難しさも。
コメント(0)

【実践報告】身近でタイムリーな話題から考える(2021年2月例会)

2021年07月24日(土)|by カプス管理2
《実践報告》
教科書教材「グローバル化とグローバリズム」(平川克美)を読んだ後、要約→読解。その後、最上敏樹 「世界隔離を終えるとき」を、ミニ要約・設問プリントをもとに読む。ペアワークで意見交換、全体発表。

問1 自分の身の回りで浮かび上がった課題、問題はどんなことですか?
問2 あなたは昨年3月からの国家の施策についてどう感じていましたか?
問3 どういう再出発を筆者は提案しているか。またそのことを手掛かりに自分の考えを述べましょう。

《会員からの意見》
  • 身近でタイムリーな、政治に関する話題。こういうことを考えさせたい。
  • 同じ問いで別教材でも扱える可能性がある。
  • 教科書教材と関連させた問いにできないか。→1年生ではまずテーマが重なる形、比較読みのステップで十分ではないか。
  • 投げ込み教材への補助としてミニ要約は有効であった。
コメント(0)

【授業案】グルーバル化とグローバリズム(2021年1月例会)

2021年01月24日(日)|by カプス管理2
 今回は教科書教材、平川克美「グローバル化とグローバリズム」を取り上げる。

 「筆者の主張を理解する」ことを 目標として、グローバル化を考える授業である。この教材を深めるために、最上敏樹「世界隔離を終えるとき」が使えないか検討中である。
コメント(0)

【授業案】身体論とは何か(2021年1月例会)

2021年01月24日(日)|by カプス管理2
1.授業の流れ
 2学期の科学論(池内了)をふりかえった上で、「精神」に従属するものとして考えられていた「身体」に着目する。そのうえで教科書教材、鷲田清一「自分の身体」を読み、身体を哲学の視点から読み解く。
 さらに芸術・スポーツの視点から身体を考えるために、三浦雅士「考える身体」(『JIN式入試現代評論 の技法』より)を読む。

2.問い 「身体論」に関する2つの文章を読み、あなたの考えたり感じたりしたことを述べなさい。ただし次のいずれかの(もしくは両方の)条件を満たすこと。
 条件① 本文の記述を引用すること。
 条件② 自分の具体的な体験と結びつけること。

会員からの意見
・哲学的な身体と芸術スポーツの身体とはまったく異なるものだが、両者を読ませるねらいは?
・見るためのスポーツと見せるためのスポーツは違うのではないか。
・構造図、要約の方法について。
・問いの条件の難度が高すぎるのではないか。
・ねらいとする資質・能力はなにか。
・伊藤亜沙「記憶する身体」を重ねてはどうか。
・文章 A、文章 B、自己の経験、という3者について、「ここに着目して深める」という手法がよいのではないか。 
コメント(0)

コロナ禍を考えるー自分の身の回りの問題、政治の問題は?(2020年11月例会)

2020年12月24日(木)|by カプス管理2
 最上敏樹「世界隔離を終えるとき」(村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きる』岩波新書所収)について、「教材のヒント」として、 教材の使い方について提案した。

 コロナで浮かび上がった問題、歪み、脆弱性について、生徒の考えを出す材料にしていきたいと考えた。そのために、「自分の身の回りで浮かび上がった課題、問題はどんなことですか?」「3月から4月にかけてあなたは国家のやり方についてどう感じてい ましたか?」などの問いを用意した。

 会員からは、教室では現実の政治や国について扱うことが避けられる傾向にあるが、今こそ教室に持ち込んで考えさせたい、という意見が出た。また、この文章を活かすために、いま掲載されている教科書教材のなかで、政治問題を扱った文章を探る必要があり、今後の課題となった。
コメント(0)

鷲田清一「自分の身体」 伊藤亜紗『記憶する体』(2020年11月例会)

2020年12月24日(木)|by カプス管理2
 鷲田清一「自分の身体」について、合わせ読み教材を検討した。

 提案の教材は、伊藤亜紗『記憶する体』(春秋社、2019年)。「像」(イメー ジ)でしかあり得ない、夢見られている「わたしの身体」について考える文章として提案した。

 授業での課題では「「自分の身体」との共通点と相違点をまとめさせる」「「分有される痛み」について、「共有」との違いについて考えさせる」などを想定している。文章が平易で具体例も豊富な文章で、特に「分有」という概念は興味深く、考えさせたい問題でもある。切り取った部分はそのままでは使えない長さだが、鷲田教材をどう扱うかによって、使い方も変わってくるだろう。 
コメント(0)

いまこそ、「分断」を考えさせたいー地球温暖化問題から (2020年11月例会)

2020年12月24日(木)|by カプス管理2
 地球温暖化問題から 「今の問題」を教室に持ち込みたい。そのために「分断」というキーワードで教材の可能性を探っていきたい。

 前回例会で「分断」をテーマとした教材を探ることとなったが、その手始めとして、 資本主義と地球温暖化問題とを中心に、ある意味で世代間の「分断」を扱ったと言える、岩井克人「未来世代への責任」の教材検討をした。

 昨年度の授業では、「評論文の内容から、現在の状況に引きつけて、問題を主体的に考える」などを目標とし、グレタさんのスピーチや、現在の気候変動問題(パリ協定)の資料などを踏まえて、意見文を書かせた。

 会員からは、斎藤幸平の話題書『人新世の「資本論」』が合わせ読み教材として使えるのではないかという意見が出た。
 今後の課題として、『人新世』も含めて、「未来世代 への責任」の合わせ読み教材を探っていく。
コメント(0)

塩原良和「ネオビベラル多文化主義―選別と排除の論理」(2020年10月例会)

2020年10月20日(火)|by カプス管理2
 「世界中がハンバーガー」との合わせ読み教材で、塩原良和「ネオリベラル多文 化主義―選別と排除の論理」(『共に生きる ―他民族・ 多文化社会における対話 現代社会学ライブラリー3』弘文堂 所収)について検討した。

〔教材について〕
 「役に立つ人―多文化主義と新自由主義が生み出す選別と排除の論理―」
 グローバリゼーションによる影響のうち、文化と経済に関わる題材を取り上げた。2019年4月より入管法が改定施行され、「特定技能」資格を持った労働者を受け入れることになった。それら4万人ほどの方を含め、日本には、在留外国人がおよそ365万人いる(2019年12月現在)。「助っ人」のマイノリティである外国人を、マジョリティとして優位な立場から選別している構図に目を向けさせたい。

 今回の問題提起、議論を受けて、次回は「分断」をテーマとした教材検討をすることになった。教科書教材として、気候変動問題をテーマに、世代間の対立に触れながら論じた、岩井克人「未来世代への責任」を扱う。
コメント(0)

最上敏樹「世界隔離を終えるとき」(2020年10月例会)

2020年10月20日(火)|by カプス管理2
 最上敏樹「世界隔離を終えるとき」(村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きる』岩波新書 所収)。筆者は専門である国際法の立場から、コロナ後の世界について論じている。

〔内容〕
 コロナによって、それぞれの国の脆弱性があらわとなるだけでなく、この事態に地球全体の問題が関わってい ることが明らかとなった(環境破壊、野放図な自由主義経済、脱落者の切り捨て等)。今後、「勝者なき収束」のあとはどうなるのだろうか。一方、世界の各国の友人が「同じ境遇におかれている」という実感を抱くことができるようになった。この「深い精神的連帯」は、来るべき世界の資本となるであろう。

 会員から「「グローバル化」というテーマで読ませることもできそう」「地理を詳しく学んでいない生徒にもわかりやすい」などの意見が出たあと、以下のような問題提起がされた。

 教育現場は、目の前のこと(行事どうする、消毒どうする等)に追われて、コロナ後のことを考える余裕はない。しかし、授業ではそこをこそ扱いたい。たとえば大坂なおみ選手のことなど、人権問題として取り上げるべきである。ニュースなどで知ってはいる生徒に、さまざまな情報を統合させ、今こそ課題意識を持たせたい。

 身近なところで、世界中で、いま起きている、「分断」の問題(生徒の中にも、部活動や入試をめぐって分断が起きている)、格差の問題を、教室に課題として持ち込みたい。
コメント(0)
このページのトップへ