実践報告

【実践報告】「山月記」を終えて(2021年6月例会)

2021年07月25日(日)|by カプス管理2
《実践報告》
「李徴が虎になったのはギフトなのか罰なのか」という問いからスタート。本文読解後に小川洋子・河合隼雄『生きるとは、自分の物語をつくること』を投げ込み教材として用いた。最初の問いは失敗だと感じたが、後半の課題では盛り上がる場面もあった。

《会員からの意見》
  • 教員が自分の解釈を述べることの是非について。
  • 前提を内包している問いは誘導的になってしまうのではないか。
  • 小説に評論を組み合わせることで偏った読みを導いてしまうことの難しさについて。
  • 小説の仕掛けの部分を学ばせていきたい。
  • 小説は初読で「とき・ところ・ひと・こと」を抑えて、2時間で終える。
  • 本文をもとに読むことが基本。
コメント(0)

【教材検討】「山月記」の実践を考える(2021年5月例会)

2021年07月25日(日)|by カプス管理2
《教材検討1》
「李徴が虎になったのはギフトなのか罰なのか」という問いからスタート。 合わせ読みとして、小川洋子・河合隼雄『生きるとは、自分の物語をつくること』を構想中。

《教材検討2》
千野帽子『人はなぜ物語を求めるのか』との合わせ読みによって、「李徴が虎になった理由」を解釈する。

《教材検討3》
「人虎伝」との合わせ読みから、「山と月」「臆病と自尊心」「人間と虎」などの二律背反の葛藤を考える。(道徳的な、一義的な読み方はすべきではない)

《会員からの意見》
  • 「山月記」の授業目標はなにか? →基本的には、描写に注目しながら小説の読み方を教える。合わせ読みはプラスアルファ。 「この教材を教える」のではなく、この教材を使って読解力を高めることが重要。
  • 「天保の末年」の時代背景をふまえて考える(参考:小森陽一『大人のための国語教科書』) →テクスト内で完結すべきではないか? 総花的にせず、焦点化すべき。
  • 「道徳的な読み」を導くような指導書は今はないのではないか。
  • ナラティブ・アプローチを使って「いろんな見方ができると視野が広くなる」と説明することも可能。
  • 自分の物語を作っていくことはアイデンティティの形成につながる。人物に同化してみることも。
  • 新カリで「文学国語」を採用しない学校では「山月記」を読まないだろう(数研出版「言語文化」には収録)。
コメント(0)

【実践報告】日野啓三「「市民」のイメージ」(2021年4月例会)

2021年07月25日(日)|by カプス管理2
《実践報告》
4月最初の教材。200字要約のあと、学習の手引きをもとに本文読解という流れで授業。生徒が「市民」 について持っているイメージがバラバラで要約が不発だったが、教科書の用語解説ページで補足した。

《会員からの意見》
  • 生徒は「市民」と聞いたときに戸惑うはず。導入に工夫があってもよいのではないか。 →特に、現代文が苦手な生徒には、生徒にとって身近な話題によってつかみとしての導入は必要。
  • 「市民団体」「市民社会」など、かつての「市民」に対するイメージを共有していた時代とは異なる。 →具体的なイメージを持たせたらよいのでは?
  • 学校行事と組み合わせて「市民」をイメージさせる。
  • 共生社会、地域協働、高校生が地域に関わる活動から「市民」をイメージさせる。
  • 教科横断的に公共の授業と重ね合わせて、公共の教科書と一緒に読むのが面白いのでは。
  • 読解の前に背景知識を入れるべきか? →具体例から理解するように促す手引きを活用し、読むことで考えることを促したい。 →1時間目で要約に加えて、語句プリント「国民」「臣民」「人民」「民衆」「市民」を辞書で引かせる。
コメント(0)

【実践報告】小説から身体論を考える(2021年2月例会)

2021年07月24日(土)|by カプス管理2
《実践報告》
教科書教材「自分の身体」(鷲田清一)の後、生徒の反応や実態をもとに予定していた指導案を修正。小説を教材に身体論を扱う。

教材はティム・オブライエン(村上春樹訳)「待ち伏せ」[筑摩書房『精選国語総合 現代文編』所収]。疑問に思う点や印象に残った表現などを挙げた。

《会員からの意見》
  • 良い教材。意外な組み合わせだが面白い。
  • 「条件反射的」の訳語について。
  • 「待ち伏せ」は身体論で読むことはできない。この小説は自分ではわからないことで身体が動いたことが特徴。
  • 身体は制御が効かないことを言いたい小説ではない。この小説を身体論に包摂してしまってはならないのでは。
  • ベトナム戦争の加害性を免罪符としてしまい、間違ったメッセージを受け取らせてしまう危険性も。
  • 複数教材は提示する教員の意図が働く。特に評論→小説では、小説の読みの方向性を決めてしまう難しさも。
コメント(0)

【実践報告】身近でタイムリーな話題から考える(2021年2月例会)

2021年07月24日(土)|by カプス管理2
《実践報告》
教科書教材「グローバル化とグローバリズム」(平川克美)を読んだ後、要約→読解。その後、最上敏樹 「世界隔離を終えるとき」を、ミニ要約・設問プリントをもとに読む。ペアワークで意見交換、全体発表。

問1 自分の身の回りで浮かび上がった課題、問題はどんなことですか?
問2 あなたは昨年3月からの国家の施策についてどう感じていましたか?
問3 どういう再出発を筆者は提案しているか。またそのことを手掛かりに自分の考えを述べましょう。

《会員からの意見》
  • 身近でタイムリーな、政治に関する話題。こういうことを考えさせたい。
  • 同じ問いで別教材でも扱える可能性がある。
  • 教科書教材と関連させた問いにできないか。→1年生ではまずテーマが重なる形、比較読みのステップで十分ではないか。
  • 投げ込み教材への補助としてミニ要約は有効であった。
コメント(0)

今を考えるための教材 ―コロナ禍を考える 萱野稔人『ナショナリズムは悪なのか』(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
コロナ禍の今だからこそ生徒に読ませたい「今を考えるための教材」。

「自粛要請に従う」「自粛警察」など、コロナ禍の日本がフーコーの言う「生権力による統治」の典型となっていることから、萱野稔人『ナショナリズムは悪なのか』より、フーコーの「規律・訓練」を解説した文章を提案。

人々が 「常に監視されている」ことで服従的になるありさまは、学校制度そのものでもある。

会員からは、教室で読ませることは「ヒヤヒヤする」という意見の一方、「集団行動」などで学校制度に従順になっている(三浦雅士『身体の零度』)生徒には意識的にあってほしい、という意見も。

また、独メルケル首相のスピーチや青森県の貼り紙のニュースも関連させられるという意見も出た。さらに、単発で投げ込むよりも、教科書教材と組み合わせられないか、という提案が出た。
コメント(0)

多木浩二『世界中がハンバーガー』教材検討(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
複数教材の検討をおこなった。

いま現場の授業では、1つの教材を読んで終わり、次は別の教材、 という形で、教科書教材を単発で扱うことが多い。しかし、1つの教科書教材に関連する(類する/反する)教材を合わせて読ませることで、読み方を教えるとともに、テーマを深め、考えを広がることができる。

また、新学習指導要領の科目「論理国語」などでは、 複数の文章を解釈したりまとめたりすることが指導事項となっており、共通テストでもそのような形式で出題される見込みである。

こういった背景から、最近の例会では、ある教材を取り上げ、それに関連する文章を会員で持ち寄り、検討することを試みている。 今回、取り上げた教材は、多木浩二『世界中がハンバーガー』。グローバル化に関するものとなった。 コロナ禍のなかでグローバル化はより実感の湧きやすくなったとも いえるが、何がグローバルで何がローカルなのか、普遍化・固有化 の問題は依然として起きている。

○渡辺靖『〈文化〉を捉え直す』(広島大学2017年入試より)

○東浩紀「『思想地図β』創刊に寄せて」(コンテクチュアズ、2011)
 住原則也『「グローバル化」の中の異文化理解』
 世界のマクドナルドのメニュー(補助資料)

会員からの意見

・読み合わせは、抽象的な内容が、別のテキストによって繋がり、 生徒が実感を持てることがおもしろい。
・まずは教科書で読解力をつけて、それから発展学習で深めることが大事。

→これらの意見をもとに、2学期に実践予定である。
コメント(0)

演劇的手法を用いた授業案 住野則也『「グローバル化」の中の異文化理解』(2020年8月例会)

2020年09月01日(火)|by カプス管理2
オンライン例会も4回目。

今回は、演劇的手法を用いた授業提案から。

演劇的手法とは、ある立場に立って考える、という演劇のプロセスを重視する手法で、話し手と聞き手に分かれることで擬似的な「ライブ感」が出て、内容の理解を深めることができる、などのメリットがある。文章を読めることが社会に繋がることを実感させたいという思いから、教科書教材である住野則也『「グローバル化」の中の異文化理解』を主テクストとして提案した。

この提案に対して会員から、
・「自分が授業をするなら」という視点で、意見や改善案、課題が述べられた。
・単に1つの文章を読んで終わりという形ではなく、そこからどう考えられるかと発展する可能性がある、全員が体験する意義がある。

という意見の一方、発表形式やグループ編成の改善案、評価の問題などの課題も指揮された。

これらの意見をもとにもう一度練り直し、冬に授業を実施予定ということである。
コメント(0)

人権学習でカプス教材を使う(2月例会報告)

2020年03月20日(金)|by カプス管理2
人権学習の実践報告があった。

勤務校で、「障害者の問題を通して人権を考える」というテ ーマで、担任それぞれが独自の教材で授業をおこなうこととなった。

《テーマ》いのちのあり方について考える
《教材》島薗進『いのちを“つくって”もいいですか?』
《目標》
2013年より母体をほとんど傷つけることなくダウン症の子の出生前診断ができるようになっている。このような現実について考えることを通して、自身の価値観と向き合わせ、他者の意見にもふれながら、自己理解を深める。
《展開》
1時間目は、教材を読んで「あなたは「“いのち”を選ぶ」ことができるようになっている現実をどのように考えますか? 400字以内で答えなさい」に取り組む。
2時間目は生徒の回答を読み、回答についての考えを書いたり、意見交換・発表をしたりする。
コメント(0)

新聞投書で意見表明(2019年12月例会報告)

2019年12月31日(火)|by カプス管理2
国語表現の新聞投書に関する実践報告があった。

【授業の実際】
1.新聞投書を読み、特徴をつかむ。10代の投書を読む。
2.テーマ、構想メモを書く(探究のテーマや、世の中、社会について「おかしいな」と感じていること)
3.下書きを書き、批評しあって推敲する。
4.推敲した原稿を「Google フォーム」で提出する。
5.メールで新聞社に投稿する。
6.成果
 ・社会問題に目を向けるきっかけとなる
 ・「世の中(で起きている問題)に対して意見を発信する」という経験となる
 ・外部評価(教員による評価とは異なる評価者)
  →90 人ほどの生徒が投稿し、6件が掲載(朝日新聞、読売新聞)
コメント(0)
このページのトップへ